“定款”の記事一覧

起業時に定款で設定する発行可能株式総数の決め方について解説

起業時に定款で設定する発行可能株式総数の決め方について解説

会社を設立するときに必要な定款を作成する際に設定するものに「発行可能株式総数」というものがあります。しかし、ほとんどの起業する方は、「発行可能株式総数」についての知識が不足しているため、どのように設定したらよいか分からないというのが現状です。今回は、起業時に定款で設定する発行可能株式総数の決め方について解説します。[toc]発行可能株式総数とは?「会社が...

  • 会社設立
【経営の基礎知識】株主総会の招集通知の発送のタイミングとは?

【経営の基礎知識】株主総会の招集通知の発送のタイミングとは?

定時株主総会・臨時株主総会を問わず、原則として株主総会を開催するときは株主へ招集通知を発送する必要があります。招集通知はいつまでに発送しなければならないという期限があることはご存知でしたでしょうか?今回は、株主総会の招集通知の発送のタイミングについて解説します。※この記事を書いているVector Venture Supportを運営している株式会社ベクターホールディングスが発行している「起業のミカタ(小冊子...

  • 経営の基礎知識
法人設立の際に定款で決める10個の事項について解説

法人設立の際に定款で決める10個の事項について解説

会社を設立する際に提出しなければならない書類の1つに定款(ていかん)があります。定款とは会社の基本的な規則を記したものになります。そして会社を設立するためには、定款を作成して公証役場から認証を受けることが必須です。しかし定款は書く項目が多いうえに、一度作ってしまうと変更する際に手間がかかってしまいます。今回、法人設立の際に定款で決める10個の事項についてお知らせします。...

  • 会社設立
定款の本店所在地の記載を最小行政区画(市区町村まで)で止めるメリット・デメリット

定款の本店所在地の記載を最小行政区画(市区町村まで)で止めるメリット・デメリット

会社の設立を行うときには、会社の根本規則である定款を作成する必要があります。この定款には、会社の本店所在地を必ず記載しなくてはいけないですが、その本店所在地の記載する方法は2つあります。2つの内、そちらを記載すればいいか判断に悩むポイントです。今回は、会社設立の際、定款の本店所在地の記載を最小行政区画(市区町村)で止めるメリット・デメリットについて解説します。(参考記事)会社設立時に必要な「定...

  • 会社設立
法人で会社設立を検討している方必読!定款の事業目的を記入するときの10個のポイントをご紹介

法人で会社設立を検討している方必読!定款の事業目的を記入するときの10個のポイントをご紹介

会社設立時に作成をする定款には「事業目的」を記載しなければいけません。「事業目的」は、今後会社でどのような事業を行っていくのかを外部に示す文章となります。やみくもに作り、会社設立の手続きが完了した後になって、事業目的の変更(定款の変更が必要)を行うとなると、登録免許税などのコストが追加で発生することになってしまいます。そこで今回は、定款の事業目的を記入するときの10個のポイントをご紹介しま...

  • 会社設立
会社設立の際に不可欠なパートナー!公証役場の役割をわかりやすく解説

会社設立の際に不可欠なパートナー!公証役場の役割をわかりやすく解説

会社設立をする際に手続きをする場所として、法務局や公証役場などがありますが、そもそも公証役場とはどんなところでしょうか?今回は、会社設立をする時に必要な定款認証する『公証役場』について解説します。※この記事を書いている起業のミカタを運営している株式会社ベクターホールディングスが発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さ...

  • 会社設立
成功への第一歩!会社設立に必須の『定款』のポイントとは?

成功への第一歩!会社設立に必須の『定款』のポイントとは?

株式会社を設立するためには、「定款」(ていかん)の作成は必須事項になります。定款に記載する内容は法律であらかじめ決められていますが、初めて作成する場合、どのように記入したらよいか戸惑うことがあるかもしれません。そこで今回は、定款に記載する内容について解説していきます。[toc]定款とは?定款とは「会社の憲法」定款とは会社の屋号(名前)、事業の目的、本...

  • 会社設立
  • 1
  • 2